色あせない名作たち

 りももん生誕祭の時に長谷川里桃さんが忘れてしまったというチェキが届きました。その生誕祭の模様は以下に。チェキは…あっかわいい。

susumueiketsu.hatenablog.com

 

 さて、本題。YouTubeミニ四駆チャンネルで『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』が配信されているので毎週の楽しみになっています。このブログ開設時に配信されたのが「真夏の悪夢!でた!おばけ合宿」と「ミニ四駆親子レース 速さの秘密はお父さん?」でした。親子レース回は大人になってから観ると面白い回でしたね。改造お父さんに近くなったからでしょうか?

 それにしてもこの話はかつて放送されていた『TVチャンピオン』意識してますよね。大食い早食い選手権とかお菓子王とかミニ四駆大会とかゲーム王とかアイドル知識王とか色々ありましたね。同じテレビ東京の番組だったから実現するというある意味内輪ネタだったかと。個人的には内輪ネタにもかかわらず面白かったエピソードということでは『名探偵コナン』の「人気アーティスト誘拐事件」と双璧だと思います。あれはTWO-MIXがご本人として出演して声も当てるという暴挙(快挙)をやってのけました。そういえばどちらも1997年の放送回か。

 話を戻して。そうしてほのぼのしていたらつい先日配信されたのが「ビクトリーズ壊滅!!死闘タワーサーキット!」というシリアス回だったわけですよね。あれは本気で悔しくなったりサイクロンマグナム最後の雄姿にウルッと来た。だからこそ次の「誕生!友情のニューマシン!!」のビートマグナム誕生が熱い。

 レッツ&ゴーといえば今年の冬ドラマ『ブラッシュアップライフ』で取り上げていたことも忘れられない。あれはホントに観てほしいドラマです。

 

 そしてもうひとつ。つい先日dアニメストアを眺めていたところ配信開始コーナーに見つかったのが『Bビーダマン爆外伝』『Bビーダマン爆外伝V』の二作でした!

 爆外伝は映像ソフト化の情報が全然出てこなかったからもう観られることなんてないんじゃないかと思っていたんですよね。版権的な厳しさがあったんじゃないかと思ってて。それがこうして配信で観られるようになるとは奇跡でしょうか。コピーライト表記がコナミデジタルエンタテインメントさんに変わっていた辺りは時代の流れを感じました。

 以前配信されていた『激闘!クラッシュギアTURBO』が突然配信停止されるという憂き目にあったので今回は速やかに観賞しようと思います。

 

 生きているとしんどいことばかりだと思っていたけどこうして少年時代の名作群が観られるなんて長生きはするものだ。